うおのつぼ焼き~in 京都~第2章

フレブル♀ベルちゃんとアラフォーウオのぐだぐだな毎日

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





☆押してもらえると何だか張り切ります☆

Category :  ちぇりことベルジェ
tag : 
2月に入り、トイレとご飯の時以外は立ち上がることもなくほぼ寝てた。

何度も何度もネットで調べた。
ヘルニア、脳腫瘍、前庭疾患、耳の異常、心臓疾患、認知症
ありとあらゆるのを見た。
でも、どれにもいまひとつ当てはまらない・・・
でも、どれにも当てはまるような・・・
でも、何かが違う・・・。
わからない・・・・・・・・・・・・・・パソコン閉じる・・・の繰り返し。

フローリングが歩きにくそうなので動く範囲にマットをひいたりしてたら
友達がいらない絨毯を持ってきてくれたり。

いつになったら元気になるんだろう?
本当に元気になるのかな?
このまま寝たきりとかなって介護生活になるのかな?
まさかね?
なんて思ってた。
あの日あの時まで・・・・。
============================

2月5日の夜だった。

いつものように、アタシのベッドの下で寝てたんだけど
突然小さく「キャン」っと鳴いて、てんかんみたいな発作を起こして
目を回しバタバタあばれた。(泳いでるみたいに手足を動かして)
この時は、30秒くらいだったけど10分くらいに感じた。
すぐに治まったこともあって、ネットで調べたらてんかん発作なら静かに
見守ってやるしかないとあったのと、すぐにどうこうなる事はないとあったので、
そのまま朝を迎えた。

朝、おしっこはしたけれどご飯は食べず。
仕事だったので、病院は帰ってから・・・と思い
仕事の準備をして、さぁそろそろ・・・と思った瞬間だった。

書けない・・・・表現できない・・・・悲鳴。奇声。

すごい声をあげて白目をむいて、発作を起こした。
泡を吹いて、おしっこもたれた。
長い、昨夜より長い時間・・・・・近所の人はこの声を聞いたらアタシが
虐待してると思う・・・そんな声をあげ続けた・・・・3分くらいだろうか。
アタシには30分くらいに思えた。

"だめだ・・・・・"

この時初めて、死ぬんじゃないかと恐怖を感じた。
体が震えた。
どうしよう・・・・・・・・・
とにかく病院へ行こう!ベル!

職場へ電話して、落ち着いたら昼から出るけれど無理なら休みますと連絡して
病院へ。
まだ開くまで10分くらいあったけど、いてもたってもいられず向かった。

この時もまだ自分でかばんに入ってくれたんだけど。

先生はベルの揺れる目を見て「メニュエールかも」と。
飲み薬はやめて注射で、もう一度明日来て・・・・と。

連れて帰って、落ち着いたのを確認して、おしめを買いに行った。
小さすぎてはかせるのに苦労した。

目をぐるぐるさせて発作が起きそうになるたび
「ベル~ママここにいるよ~大丈夫!大丈夫!」っと声をかけると落ち着いた。
自分にも言い聞かせてた。

翌日は安定してるように見えたので仕事に行き夕方また病院へ。

ご飯を食べてないので静脈から栄養剤も入れてもらった。
ご飯を食べられるようになったら、てんかん止めのお薬も飲ましましょう・・・と。
で、好きなもの何でも良いから食べられそうなものあげてと言われ
その夜、ささみをやってみたら食べてくれた。
それもおかわりが欲しいくらいにしっかり食べた。

「よし!大丈夫!これなら大丈夫!」とガッツポーズが出そうだった。

翌日の8日、日曜日

すごい回復を見せた。
発作はおさまり、ご飯もしっかり食べてくれ、トラちゃんにも反応してくれ、
少し遊んでくれた。
心配してくれてた友達にもその報告して、元気になった姿見にきて~と言ったら
翌月曜に来てくれた。
玄関まで迎えに行ったベルに、
ふたりで「ちょっと元気になった~!吼えてくれたな~」と喜んだ。
病院どうする?って言ってくれたけど、とりあえず
このまま大丈夫そうやったら薬だけもらいに病院行くわ~と。

火曜日・水曜日朝まで・・・うんちも出てご飯も食べ、発作も起きず、
週末には飲みクスリだけの生活になると信じてた。

11日水曜の夜・・・・ご飯食べなくなった。発作が出てないのが救い。

12日木曜、病院休み。相変わらず食べない。寝たきり。

13日金曜・・・・朝、また長い発作。仕事早退させてもらって病院へ。
この日から立てなくなり、自分でカバンに入ることもなくなった。
注射。
家に帰るとイビキかいて気持ちよさそうに爆睡。

14日土曜・・・・この日病院で「ステロイドにしてもらえませんか?」と提案してみた。
食べてないので飲ませられないので注射でステロイド入れてもらった。
その効果に賭けたかった。
でも、この日も翌日も、たいした変化もないまま・・・・

15日日曜・・・・3時間おきの発作との闘い。

16日月曜・・・・病院を変えた。
その病院では、食べてないけれどステロイドの飲み薬がもらえた。
もしかしたら回復するかも・・・・とにかく食べて欲しい・・・・
昼ごろまで発作が出てたけれど、その後少し落ち着き発作が止まった。
数時間おきの発作で、アタシもベルもくたくただったけれど、
この日の夜、久しぶりにゆっくり眠れた。

が、
明け方・・・今度は動き回ると言う徘徊行動が始まった。
正確には、立てないので動き回ると言うより這いずりまわる・・・が正しい。
度重なる発作で脳にきてるのかな・・・と思った。
行き先がわからないので、テーブルやらぶつかりそうなものを動かし
動けるスペースを作る。

17日火曜・・・右足が動かないので、その足を左足で蹴りながら立とうとするので
右足に傷ができ始め、床が血に染まる。それでも立とうとする姿が痛々しい。
それでも生きようと必死なんだと再確認して、アタシも諦めないと思った。

18日水曜・・・友達とランチへ行って帰ってきたら部屋が血だらけ・・・・
この日からケージを怪我しないようカバーで覆い、屋根の部分ははずして中での生活へ。
だけど、動けないイライラでか、苦しいのか、痛いのか・・・暴れる、叫ぶ・・・。

ゼリー飲料を飲ませて見たら上手に飲んでくれた。
赤ちゃんみたい。発作の時は悪魔に見えたけど天使だなと声かけながら
もう意思の疎通もできてるのかできてないのか・・・

19日木曜・・・朝一番のおしめ換えも「おしっこ出てるネ~」と楽しみながら
水もポカリもごくごく飲んで、このままの生活でも生きててくれたらいい!
足の怪我がひどくならないようガーゼや包帯などを買い込んで治療。

だけど、この1週間であっという間にガリガリに。
限界はいつかくる・・・でも、まだまだ・・・・・・・・まだまだ・・・・・・まだまだ・・・・・・

20日~22日・・・・今週も無事に終わった。大丈夫!大丈夫!
だけど、アタシの仕事中などに起きてる叫び発作(てんかんではない)のせいか・・・
声がつぶれてカスカスに。
少しでもカロリーが高いゼリー飲料を探す。どれも飲んでくれるので、
もっと栄養のあるものはないだろうか、うまく飲ませる方法はないだろうかと試行錯誤。
だけど、これまでと同様、ゼリー以外は鼻先まで持っていくと嫌がり目を回す。
可哀想になって諦める・・・を繰り返す。

23日~24日・・・・ケージの中で自分で体制を変えられないと叫び続けるので、
鳴きかけるとすぐ体制を変えてやると落ち着き少し眠る・・・数時間おきにそんな事を繰り返す。
意識があるのかないのかさえもわからない。

25日水曜夜・・・・これまでと同じようにケージの中で叫んでた。
それでもまだ自分で立とうと必死だった。
ケージの隙間からアタシと目が合った(ような気がした)
「ママ、もうしんどいよぉ・・・助けてよぉ」って言ってるみたいな目だった。
長く目が合ってなかったので、びっくりした。

ケージから出して、じゅうたんの上に寝かせて水を飲ませようとしたけど飲まなかった。
しばらくそのままにしていたけど、また発作が起きて・・・・

それからは前に書いたのと同じ。

アタシは自分が経験しないと信じない事が多くて
人の経験談を読んで
「そんなうまいことタイミングよく腕の中で息引き取るとかないわ~」とか、思う人で・・・

実際にベルがアタシの腕の中で眠るまで、そう思ってた。

いない間に息を引き取っててもおかしくないこんな毎日だったのに
あの日あの時目が合ったのも気のせいじゃなかったのかもしれないと今思う。

あんな小さな体で、あんなに必死に、それでも生きたいと頑張った。
その生命力には脱帽で、いろんな事を考えさせられた時間でもあった。

1ヵ月半という時間の中で、苦しかったけれど
アタシに覚悟する時間を作ってくれたのかもしれない。
命の尊さ大切さ儚さ・・・・。

記憶だけを頼りに書きはじめたけれど
振り返れて良かった。

今では元気だった姿より、この時の姿の方が目に焼きついて離れないけど
中でもほんとにあのゼリーを飲む姿が赤ちゃんがおっぱい飲むみたいで
可愛くて愛しくて忘れられない。

寂しくて寂しくて
会いたくて会いたくて
触れたくて【いる】ことを感じたくて仕方がないけど

本当に短い時間だったけど
出逢えて良かった。ほんとにほんとに幸せな時間だった。






☆押してもらえると何だか張り切ります☆

テーマ:ペットの異変 - ジャンル:ペット

Category :  ちぇりことベルジェ
tag : 
何がどうでこうなったんだろう・・・

そんな気持ちばかり。

それでも良くなると信じて。
そう思わせてくれたのは、変わらない食欲だけだったんだけど。
===========================
初めて病院に行ってから数日
震えもましになり、少し良くなったように思えた。

「大丈夫!」「大丈夫!」
自分にもベルにも言い聞かせてた。
5日間薬を飲ませてたけれど・・・・やっぱり『元気!』までは程遠く・・・
寝てる事も多く、必要以上に動こうとはしない。

だけど、それでも、食欲はあり、うんちもおしっこも問題ない。
14日に友達が遊びに来た時も、少し元気はなかったけれど
トラちゃんで遊んだり、友達の足に顔を乗せたりして遊んでた。

ところが
週末になるとまた震えが出てきて、週明けの19日、再び病院へ。

熱は下がってる。見る限り内臓とかではないとのこと。
さらに注射とクスリで一時的に回復が見られた事もあり
重篤な病気ではないような・・・とお医者さんも首を傾げつつ。
ただヘルニアとか脳の病気かと心配するアタシに
詳しい検査ができる病院は紹介できる項、それにかかる費用についてなど説明してくれた。

この病院で避妊手術をしたけれど、その時にも麻酔の危険についても聞かされていたし、年齢的な不安、金銭的な負担、全てにおいて、その場で「じゃぁ!」とはいかないことばかりだった。

その日はまたとりあえず注射とお薬で様子を見ることに。
ただ、もう一度週末に診せてと言われて、病院を後にした。

注射をした日は震えも止まって本当に良く眠る。

でも2日ほど経つとまた動かなくなり元に戻る。
その繰り返しだったように思う。

週末の土曜日、友達が車で送り迎えを申し出てくれた。
本当にありがたかった。
(この週末から毎週末、彼女が送り迎えしてくれたおかげで本当に助かったのだけど)

病院へ行く時、ベルを大き目のカバンに入れるのだけれど
そのカバンを出すと、喜んで自分から入って、まるで
「はやく~注射したら元気になる!病院いく!」って言ってるように見えた。

寝てる事が多いので、普段嫌がる耳かきをしたり、爪を切ったり
おとなしくやらせてくれるのも気持ちが悪かった。

そして24日、また病院へ。
同じく注射とお薬。お薬は前回のものと違うのに変えて1週間様子を見ることに。
その日、帰ったらしっかりうんちして、ご飯を食べてまたぐっすり眠った。

少し遊べる程度まで回復するけれど、それがずっと続くことはなく
週末が近づくとまた弱る。

31日再び病院へ。
家で歩かないという説明をするけれど、病院では歩く。
甘えてるのか、分離不安か、とか話しながら・・・
お医者さんが、もし足に負担があるならダイエットも年頭に・・・と言われて帰った日

ご飯を残したベル。

まるで人間の会話をしっかり聞いてたかのように・・・・
なので、それを見たアタシはベルに
「ダイエットのつもりか?」と笑って突っ込んだんだ。

笑ってられるのもそれまでになるとは・・・想像もしなかった。

その4へ




☆押してもらえると何だか張り切ります☆

テーマ:ペットの異変 - ジャンル:ペット

Category :  ちぇりことベルジェ
tag : 
ここまで書いて
アタシがいち読者なら「ひどいな・・・何で見過ごした」と思った。
書いてるアタシ自身がそう思うんだから、普通に愛犬家さんたちは
あほじゃね・・・って感じだな。

でも、今振り返ってるから書けることで
実際はその都度消化(言い訳して見過ごす)してきたから
その時その時には深く何も感じてなかった・・・というのが真実です。(←これすら言い訳がましいケド)
で、誰に言い訳してるかと言うと
やっぱり、それはベルに対して・・・なんだろうな。
こんな力ない飼い主の下で幸せだったと言ってくれはなさそうな結末。

罰はベルを失ったこと。
それ以上のことは何もない。


ここからはもっとひどいかもしれません。
============================

・体の震え

1月5日
実家から帰って自分の家に帰ってきた安心感で少し落ち着いたように見えた。
食欲もあった。
でもずっと小さく震えてたね。チワワみたいに・・・・
やっぱり風邪かな?でもちょっとおかしいな・・・続くようなら病院行かなきゃね~と
この時初めて病院・・・の二文字が出てきた。

・同じ体勢で寝る、歩きにくそう

何か歩きにくそうだな・・・と思った。
実家へ帰省するとき1時間のんびり散歩がてら歩いて帰った。
それで腰でも痛めたか、ヘルニアでも出たか・・・と思った。
だけど、気付けばずっと【ふせ】の体制で寝ている。
横になることも、まるまることなく・・・・
そしてさすがに
「やっぱりおかしい!だめだ!」と連休に入る前にと9日、病院に行った。


病院でこれまでの状況を説明した。
熱を測ったら少し高くて、状況を聞いたお医者さんは足腰を触っても
痛がる様子もないし、ヘルニアとかではなく「たぶん風邪だろう」と
解熱剤と炎症剤を注射してもらい、5日分の薬をもらった。

「風邪か~良かったね~すぐ治るね~大丈夫だね~!」と気楽に構えて病院を後にした。

注射のおかげか、体の震えもとまり
ぐっすり眠った。
でもやっぱり【ふせ】の体制は変わらなかった。

ハウスタイプのベッド(フレブルの顔のベッド)はまるまらないと寝れないので、
フラットなタイプのベッドと両方出してたけど、ずっとフラットな方で伏せて寝てた。


その3へ






☆押してもらえると何だか張り切ります☆

テーマ:ペットの異変 - ジャンル:ペット

Category :  ちぇりことベルジェ
tag : 
初めて病院に行ったのが1月9日。
振り返ればもっと早くに気付くべき事があったんじゃないかと
何度も何度も振り返るってみる。

もっと早くに・・・という思いが消えることもないし
もっとこうしてやれば・・・という後悔もなくなる事はない。

動物たちは口をきけないし、少しの事を「大丈夫」と見過ごしてきた
アタシのこんな記録でも
もしも、「あれ?なんかおかしい?」と思った人が、ここにたどり着いて
少しでも早く助ける可能性を見出せたら、それは
できなかったアタシにとっても嬉しいことで
何の懺悔にもならないけれど、亡くなるまでの病状と変化を残しておきたいと思う。

==============================

・何も誰も触ってないのに鳴く。

最初に思い出したのが、これ。
本当に高いところから落ちても、机に頭ぶつけても、
叱られてお尻叩かれても鳴くことがない犬で
特に「キャン」と高く短く鳴くのは珍しいことだった。
それが初めてあったのは去年末。

ベッドサイドに寄ってきて撫でたりしてた時、ふと何も触ってもなく
何かに当たったようなこともないのに、「キャン」と鳴いた。
思わず
「え?今、ママ何もしてないし触ってもないで~静電気か?」と慌てたくらいだった。

それが頻繁だったわけではなく、次に起こったのが
正月に実家に帰省してる時。
実家では2、3度そんな事があって、
絨毯や畳に足でも引っ掛けたのか?静電気?程度に思ってたんだ。

・ブルブルし難そう

トイレはお風呂場なんだけど、朝トイレした後、入り口で出してもらえるのを待ってる時に
頭を振りたいけど、振れないみたいな仕草を何度か目にしてた。
これは今までにも何度かあったことなんだけど、耳に虫が入ったのか
耳くそたまってるとか、取りたいけど取りにくいやん!みたいな感じの動作。
(結果的にはずっと続いてることに疑問を持つまでに時間がかかった。)
なので最初は、また耳掃除しなくちゃな~って思ってた

・微妙な距離感

いつもべったり金魚の糞みたいにくっついてくるベル
何となく微妙な距離感を感じ始めたのも実家だったかな・・・・
いや、やっぱり年末かな・・・
ついていきたいけど、面倒くさい・・・そんな感じだったか・・・
アタシが移動したら移動はするけど、その距離がいつもと微妙に違う・・・そんな感じ。
だけど、甘える時はがっつり甘えてくるので
単純に歳のせいかと思ったんだ。

・寝起きが悪い、動きが鈍い

いつもアタシが起きるまでは寝てて、
アタシが起きると一緒に起きてきて、トイレに行く・・・それが日課。
その後、アタシの動作をリビングで見てご飯を待ってる・・・
やっぱり年末?12月・・・かな・・・
アタシが起きても起きてこない・・・「ベル~レッツゴー(トイレ)だよ~」って声をかけたら
嫌々出てくる・・・もしくは無視・・・って事が何度かあった。
それでも、アタシの朝ごはんのゆで卵をシンクでコンコンと割り始めると
飛んで起きてきてた。

実家では、うちの家より少しだけ高い風呂場への段を乗り越える時
躓くと言うか、乗り越えにくそうにしてた。
寒いのか、眠いのか、太りすぎか・・・と思ってた


そして一番
やっぱり変かも?と思ったのがこれだったかな

・おかえり!!!が地味

実家にいる時、飲みに行って深夜に帰宅したんだけど
いつもならバタバタっと喜んで絡んでくるのに、何か・・・・嬉しくなさそうな
そんなお迎えをされた。
オカンが「何かおかしい・・・ずっと寝てはったけど元気ないと思う」って言ってた。
これはアタシも気になってたけど、そんな気分の日もあるのか・・・?

特に実家でアタシの部屋とオカンの部屋の温度差が激しく
アタシの部屋にはエアコンもなくストーブしかない。
その両方の部屋を行ったりきたりして、風邪をひいてもおかしくない環境だった。

風邪でもひいたんかな~?
でもご飯も食べてるし、家に帰ったら落ち着くやろ?ってまだ思ってた
んだ。
そして実家から家に帰ったのが1月5日。

その2へ。






☆押してもらえると何だか張り切ります☆

テーマ:ペットの異変 - ジャンル:ペット

Category :  ちぇりことベルジェ
tag : 
ベルの葬儀をしてもらったのはこの前書いたプレシャスコーポレーションというところなんですが
アタシはここをベルが亡くなる2日前に検索で見つけてた。

前もって・・・っていうのが心無いように思うんだけど
実際のところ、もう食べる事もできず頻繁に起こる発作で
この子に残された時間はそう長くはない・・・という覚悟はあった。
ただ、思ったよりも早すぎたけど。

そう思った時に、チェリーの時、実家の母は市の回収業者に依頼した。
それについても調べた。
だけどどうしても他の動物と焼かれる・・・っていうのが受け入れられなくて
何か他に方法はないかと・・・。
京都だと北白川のペット霊園が有名。
知り合いも結構そこでやってる人多かった。

でも、霊園・・・も何か違う。

ってことで見つけたのがプレシャスさんだったんだけど、他の所より安いし
「大丈夫やろか?」という思いはあったんだけど、ちょろっと読んだブログで
なんとなく・・・任せられそうかな?って。(それでも半信半疑だった)

そもそも葬儀社に強い不信感ありありのアタシ。
オトンの時やらばあちゃんの時でも「金・金・金」・・・のイメージしかないもんで。

この数ヶ月、病院代やら何やらで手元にお金も一切なくて
500円玉貯金を使ったりしてたんだけど・・・
葬儀位はちゃんと出したるで~っと、へそくりおろして、そのお金だけ
何あってもすぐに払えるよう手元においとこうって。

その2日後に・・・まさか・・・だったわけだけど。

一晩ベルと寄り添って過ごして、朝7時・・・この会社に電話した。
愛想もくそもないただ暗いトーンで
「すいません、葬儀をお願いしたいのですが・・・・」

相手の方は詳細をたんたんと聞かれるし、聞かれても当たり前なんだけど
何ていうかそうゆうのに答えるのがまた辛いと言うか・・・
で、携帯に電話してって言ったのに家にかかってイラっとして・・・
「携帯かけて言うたのに」って怒鳴ったり(ひどい)

相手の人もある程度慣れてるんでしょうね・・・それでも同じトーンで対応してくれた。

雨が降ってたので渋滞を見越して早めに出たら約束の時間より早くつきそうなんですが・・・と電話があった。
時間にルーズなのはキライだけど、こうゆうのは誠実さが見えて早くても大丈夫ですと返事した。


現れたのは・・・なんていうか・・・多分歳はアタシとそんなに変わらない感じの
でかい男の人でした。
うちは天井が低い部屋なので、背の高い人が入るとものすごい圧迫感が。

ベルに手を合わせ、「触ってもいいですか?」と言ってベルを撫でた。
その仕草に何の迷いもなくて、大丈夫そうだな・・・と。

それから少し何で亡くなったかとか話したんだけど、泣きながらであんまり記憶ない。

最後に抱かせてもらって、ダンボールの棺にベルを寝かせて・・・
狭い部屋、階段を降りて車へ。
火葬装置のついた車って言うからもっと何か業務っぽいのを想像してたけど
普通のバンで・・・こんなんで焼けるの?って感じの車だった。

一緒に行きませんか?と尋ねてもらったし、多分拾骨もした方が良いと思われたかもしれないけど
可愛い姿が骨だけになるのは絶対に見れなくて
骨を割るとかも絶対ムリで
だからそれだけはできない!って。
お願いしますと言って見送った。

自宅にガレージがあればそこでやってもらえるけど、来客用の駐車場すらない
長時間車を止められるスペースもないうちのマンションでは無理なので
近所に公園もあるし・・・適当に探して欲しいと丸投げした・・・・(これまたひどい)

雨のおかげなのか、その適当な場所で大丈夫だったらしく
1時間後に小さな骨壷におさまったベルがまだ暖かいまま帰ってきた。

また早くベルとふたりで過ごしたくて
ろくにまともに会話もせず、お礼を言ってすぐに別れたんだけど
その後、ゆっくりその会社のブログも読んだ。

なんていうか
大変な仕事だと思う。
その亡くした人の気持ちに寄り添うって言うか
寄り添おうとするのって、難しいし、受け入れない人も多いと思う。
でも、アタシも思い出した。
オトンの葬儀の時ブルブル汗かいて一生懸命走り回ってくれたスタッフがいたこと。

この記事・・・・「家族して・・・」

ありがたい。
本当にその一言に尽きる。

この人達のおかげで、きちんとお別れする事ができたんだもん。
感謝しかない。

いろんな葬儀社があるだろうけど、アタシはプレシャスさんで良かったと思います。

骨で作れるメモリアルグッズ
いつか作れるほど気持ちに余裕ができるといいな・・・って思う。
その時は、ちゃんと化粧して笑顔で再会して感謝を伝えられると良いなと思います。






☆押してもらえると何だか張り切ります☆

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

ぷろふぃ~る

うお

Author:うお
☆リンクフリー☆
うおのつぼ焼き

uocyamaをフォローしましょう

古いブログはコチラ

☆ランキング参加中☆
  ブログランキング・にほんブログ村へ  

☆ウオデザイン湯飲みはココ☆
うお


 

 

コメントありがと~!

Google



AD



アフィリエイト
ブログタイムズ
女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

Counter

New Report


Category
Link
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも
Trackback

Runking

[ジャンルランキング]
ペット
7664位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4019位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。